FXトレードの利点は、株式投資や不動産投資などとは比較にならない程のレバレッジを掛けられること。

高いレバレッジをリスクと捉える一般的な考え方は必ずしもFXにおいては当てはまらない。

追い証が掛からないゼロカットを採用するFXブローカーを利用するならば、損失リスクは投下資金だけに限定される。

つまり、少ない資金でも大きなリターンが狙えるということ。

1万円をリスクに晒して100万円の利益を得ることが現実にあり得るのがFXのレバレッジ取引である。(100万円負けることが無いのがポイント)

金融庁の定めにより現在の日本国内のFX業者の最大レバレッジは25倍。

一方で海外には最大レバレッジ888倍、1,000倍、2,000倍といったFXブローカーが無数に存在する。

  • 1ロット(10万通貨)の取引に必要な証拠金が$4,000
  • 1ロット(10万通貨)の取引に必要な証拠金が$100

投下資金ベースで考えればより少ない資金でトレードが出来るハイレバレッジはリスクではなく損失を限定する要素になる。

証拠金に対して最大レバレッジぎりぎりで取引すれば、ほんの少しの逆行で資金をほぼ全額失うことになるのは当然のことだが、許容できるドローダウン(下落率)を計算すれば、FXをローリスクハイリータンのトレードへ変換することも可能になる。

テクニカル分析に基づいた合理的な判断でトレードする前提であれば、上記に挙げた「1万円を失うかもしれないが100万円儲かる可能性も充分にある」という例もあながち運任せのギャンブルではなくなるという考え方も出来る。

FXで大きなリターンを得る為には海外FXのハイレバレッジを理解し有効に活用することが必須になる。

最大レバレッジ888倍のXMでトレードする