【GALAXY Note 3】au、docomo、海外版の価格比較

galaxy note3
auに続いて本日docomoからも発売が発表されたGALAXY Note 3。

それに伴いこれまで10月下旬とされていた発売日が両社とも10/17に決定し販売価格も公表された。

仕様は多少異なるものの何処で買うのが金額的にお得なのかau、docomo、海外Simフリー版(香港版)も含めた端末の一括払いの価格を比較してみた。

まずは今回初めてGALAXY Noteシリーズを発売するauから。
スクリーンショット 2013-10-10 21.32.16

GALAXYNote 3デビューキャンペーンということで新規・機種変対象者向け共に攻めていて既存のdocomo GALAXY NoteユーザーをMNPで取り込もうという気迫が感じられる。

IMG_0273

一括払いでの機種代金は75,600円。

これまでdocomoから出ていたGalaxy Note Ⅰ、Ⅱと比べるとかなり良心的な価格だ。

au版の弱点として通話中の通信が出来ないというのがあるようだが個人的には問題を感じない。そもそもこんなデカイ端末で通話をしようとは思わないから。

 

続いてdocomo。

夏のツートップ戦略から「おすすめ機種」へ変更し、富士通・シャープ・ソニーの各1機種を該当機種にしている中でGALAXY Note 3に対しては特に何のキャンペーンも無しのよう。

気になる端末一括払いの販売価格は・・・

スクリーンショット 2013-10-10 21.51.31

92,400円だと。

ここまで来ると面白い会社だ。

2年縛りに囚われる覚悟があるのなら実質負担金はそこまで変わらないからまあアリかもしれないが、これで「ウチはより多く割り引いてますよ」というのもねぇ。

新型のiPhone5Sも中途解約するとヤバくなるような価格設定だったし。

 

最期にSIMロックフリーの国際版(香港版)。

日本国内モデルと同スペックのLTE版32GBモデルの価格で・・・

IMG_0275

端末価格72,834円。

送料と関税を合わせると追加で5,000円弱ほど掛かるだろうがau版とほぼ同額だ。

2年縛りでの端末割引きが無いものの、SIMロックフリーの恩恵で日本国内では月額1,000円程度の格安SIM(MVNO)での運用、海外では現地SIMでの格安通信が可能。

Wi-Fi環境下限定での利用という選択肢もある。

海外版のレビューを見ると設定画面の言語設定や入力環境の日本語化は容易に出来る模様。

 

ということで端末一括払いの価格で比較すると1社だけ浮いているという状況だった。

価格以外の要因もあるしどこで契約するかはそれぞれ自由だけどね。

俺は来年以降も海外で過ごす期間が長くなりそうだから国際版を筆頭候補にもう少し悩んで決めようと思う。