為替レートやFXチャートを表示出来るスマートウォッチ専用アプリ『FX Watch!』

fxwatch
まさにコレを待っていた!コレが欲しかった!

実は2013年9月にSamsung初のスマートウォッチGalaxy Gearが発表された時、為替レートを表示する腕時計になるかという期待や予測を込めてブログ記事を投稿している。

その後これといったアプリは登場せず、自分でお金を出して開発して有料アプリとして売り出そうかと考えることもあったが、魅力的な端末に欠けスマートウォッチ市場自体が盛り上がらずいつしか興味も失せていた。

あれから随分と時が経ちAppleからも今春ようやくApple Watchが発売された。

そんなタイミングで2015年4月21日に登場したアプリが『FX Watch!』。もちろんながら無料のアプリ。

リリースしたのはGMOクリック証券
母体がネット企業だけにこういう部分はしっかり充実させるな。

現時点での対応OSはAndroidのみで、対応AndroidWear端末はLG G Watch、LG G Watch R、SONY SmartWatch3、SAMSUNG GearLiveの4機種。

iPhoneシェアが異常に高い日本で展開するわけだから、いずれiOS及びApple Watchにも対応するとは思うが、iOSの自由度の無い仕様から考えると随分と先になるかもしれない。

今後は他のFXブローカーも追随して同様のアプリをリリースして競争していってもらいたいところだが、とりあえずこのFX Watch!の登場だけでスマートウォッチを購入する動機としては充分。

時間や天気予報の表示、メールやLINEなどSNSの通知を確認する為の腕時計には全く価値を感じないが、リアルタイムの為替レートやFXチャートを、ポケットからスマホを取り出すことなく手元に目をやるだけで済むとなると話は別だ。

むしろFXマーケット参加者でこの環境が欲しいと思わない人がいるのかな?

1日に数十回〜数百回と為替レートをチェックするFXトレーダーにとって、この腕時計型端末は立派な仕事道具、もっと言えば生活必需品になりえるアイテムだし、トレードの質さえも変えてしまう可能性を秘めていると思う。

個人的にはいい意味で大雑把に、もっとゆったりとトレードが出来るキッカケになればと期待している。MT4で含み益の額を見てしまうとつい利益確定を急いでしまう傾向があることを自覚しているので。

スマートウォッチ端末は対応機種の中で唯一円形ディスプレイを採用しているLG G Watch Rを選択。

家電量販店で販売されているかはわからないが、ネットではたぶんGoolge Play Storeでの直販が最安。

LG_ G_Watch_R

キズ・割れ防止の為にAmazonで売っている強化ガラスフィルムもセットで。

LG G Watch R ガラス フィルム  0.35mm 硬 H5
PGX
売り上げランキング: 56,203

 
あとはこれをちゃんと腕に付ける習慣を身に付けるだけだ。

ここ数年Appleの新製品も各社のスマホやデジタルガジェットもパッとした進化が無く退屈を感じていたが、『FX Watch!』登場のお陰で久々にライフスタイルに変化が訪れる予感がしている。

と同時に、ある程度進化し尽くしてしまったハードよりもソフトの進化の方に着目する時代に入っているんだなと改めて実感する。

考えてみればiPhone3Gが日本に上陸してもうすぐ7年になるんだもんな。

腕時計型端末で為替レートをチェックし、必要に応じてスマホを取り出しトレード。

散歩中でもトイレの中でもベッドの上でもお金を稼げてしまう。

何台もの液晶モニタに囲まれたデスクに常時張り付いて仕事をするというトレーダー像も、そろそろ古いものになるんじゃないだろうか。

運用のパフォーマンスを落としたとしても、俺はなるべく機動性のあるFXトレーダー生活を追求していきたい思う。