XMカードのその後

XMcard
2週間ほど前に申し込んでいたXM.comのXMカード。

管理画面からの申込手続きに問題が発生し、サポートにメールをして以来音沙汰が無く忘れていたが、今日ブログの読者から「XMカードは発行出来ましたか?」というメールをもらって思い出した。

そこで、もう1度XMからのメールを確認してみると、

XMカードは次の国に居住する顧客に発行することはできませんのでご注意ください。

制限地域:キューバ、インド、イラン、イスラエル、ミャンマー、北朝鮮、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン

と表記されているだけで、やはり日本居住者でもカード発行は問題はないはず。

ということで、もう1度手続きを試してしてみようと管理画面にログインすると、前回とは違う申込画面が表示された。

前回は単に申込みのフローが完成していなかったようだ。

最初に表示されるのはSMSを受信出来る携帯番号の入力画面。
口座開設時に登録したのと同じ番号を入力する必要がある。
(当然ながら携帯番号の最初の0は抜いて)
スクリーンショット 2014-03-06 13.25.42

携帯番号を入力すると次の画面が表示されると同時に携帯にSMSで数字のコードが届くので入力する。
スクリーンショット 2014-03-06 13.26.53

携帯番号が認証されると下記のようにXMカード発行にあたっての注釈とアプリケーションフォームが表示される。
スクリーンショット 2014-03-06 13.31.29

注釈の内容をざっと書いておくと、

  • XMカードの発行に10ユーロ掛かる
  • 有効期限が6ヶ月以上の本人確認書類と3ヶ月以内に発行された住所確認書類をアップロードする必要がある
  • XMカードを速達で送る場合には20ユーロ
  • MT4口座がUSD建てでもカード使用時には自動的にユーロに換算される(ちょっと翻訳に自信ない)
  • XMカードを発行するための合計金額は口座から自動的に差し引かれる
  • アカウント残高の範囲内の金額しかカードは利用できない

残念ながら俺は今手元に住所確認書類が無いのでこの先のプロセスには進めないが、この画面に入力すればXMカードは発行されるはず。

XM.comの口座を開設していなくてこのカードが欲しい人は、確認書類を揃えるのが2度手間にならないよう口座開設完了後に入金をしてすぐ管理画面から申し込むといいと思う。

実質的にデビットカードとはいえ外貨建てで資金を管理出来る口座と海外発行のクレジットカードを所有するメリットは大いにあるだろう。

あとFXとは関係無いけど、このカード信用情報ブラックの人でも発行出来るだろうね。

作っておいて損は無いと思うので俺も近々入手するとしよう。

※セーシェル籍のXM TradingのアカウントではXMカードの発行は停止されています。キプロス籍のXM.comのアカウントをお持ちの方はXMカードの発行も利用も問題無く出来ています。