国税当局は非居住者の海外銀行口座情報までも把握するようになる

近い将来PTになることや海外移住を検討している俺にとっては気になる報道。

Source :日本経済新聞
kokuzei

資産隠しや税逃れ防止が大義名分とはいえ、

“対象となるのは、その国に住んでいない人の口座の名義人や口座の残高のほか、海外との資金のやりとりなどの情報だ”

というのにどうも違和感がある。

こうなると脱税の有無に限らず、事実上海外に居住する全ての日本人の口座情報を税務当局が押さえるということになる。

これは単なる妄想とかニュースの裏読みとかいう話じゃないだろう。

下手したら既に国外に資産疎開し移住した富裕層でさえも安心出来ない方向に向かっているのかもな。

こんなボロボロの国家財政じゃ属地主義税制から属人主義税制への移行や、資産税の導入だってありえない話ではない。

アベノミクスで乱発している国債発行の担保がいよいよ国内だけじゃ足りなくなる事態も迫っているだろうし。

FXトレーダーとしても投資家としても日本人としても、この手の情報は今後もしっかりチェックして状況を把握しておきたい。

面倒臭いことに巻き込まれない為にも。