グローバル・ノマド・トレーダーに必要なトレード環境

昨年から今年に掛けて7ヶ月間海外で過ごした経験からグローバル・ノマド・トレーダーとして生きていくのに必要だと考える条件をまとめておく。

 

常時接続可能なネット回線の確保

ネットに繋がらなければトレードは不可能。

逆に言えばネット環境さえ整えば世界中どこでもトレーディングルームになる。

IMG_2791IMG_2840

(写真はネット環境が良く頻繁に利用させてもらっていたフィリピン・セブ島の2大シティーホテル。自宅コンドのネット回線が不調な時には最長10時間居座ったこともあった。)
IMG_2590
ネット環境が世界最高水準の日本ではモバイルWiFiが1台あれば解決するが、海外に行くのであれば常時接続環境を複数確保することを考えなければならない。

特にアジア圏の新興国ではまだまだネット接続が不安定な地域が多く停電も頻発する。

必要条件としてMT4(MetaTrader4)が安定して動作するよう最低1〜1.5Mbps以上の速度が欲しい。数百kbps程度の速度ではiOSのMT4アプリは快適に接続出来なかった。

ネット環境が整っているホテルやコンドミニアムに宿泊するのに加えて、外出先でもネットに繋げるようにWiFiが使えるホテルラウンジやカフェをいくつか見付けておく。

また、移動中やスポーツジム・プールサイドでトレードなどと考えているなら、現地の携帯会社のSimカードでテザリングが可能なSimフリーiPhoneやAndroid携帯を購入する。

イーモバイルの端末はSimロックが掛かっていないので海外の現地Simでの利用が可能。

Amazonなどで買えるSimロックフリーのモバイルWiFi端末を予め用意しておくのもいいだろう。

 
それから、海外では少ないが日本のホテルように各部屋にLANケーブルが引かれている部屋なら有線LANをWiFi化する無線LANルータがあると便利かもしれない。

Logitec 無線LANルータ mobileRouter 300Mbps コンパクト レッド LAN-W300N/RSR
ロジテック (2012-10-06)
売り上げランキング: 6,847

 

トレーディングマシン

トレードに使用するデバイスは移動するにあたっての重量とスペースの制限とバッテリーの確保がポイント。

トレードにマルチモニタ環境が必要なら現地で買って現地で手放す。

当然パソコンは電圧やプラグの形状が異なる海外でも使用可能なもの。

Apple製品であれば下記の組み合わせで完璧だった。

・MacBook Air+ワールドトラベルアダプタキット

51QciKqwVxL._SL160_41FLjb0pI+L._SL160_

・MT4アプリをインストールしたiPad&iPhone

mt4ios

外出時は軽量且つ長時間バッテリーのiPadがやはり便利。
部屋にPCを置いておけば盗難リスクも分散される。

Windows機にこだわりたい人は2台目はSurface Pro (Windowsタブレット)にMT4をインストールするのもアリかもね。

 

異質な環境でも勝てるトレードスキルとメンタル

 

最終的には道具や環境うんぬんよりもこれに尽きる。

トレード練習に充分な時間を掛け、実戦で延ばしていくしかない。